資生堂、企業文化誌『花椿』春号が2018年1月15日に刊行

資生堂は、 企業文化誌『花椿』春号を2018年1月15日に刊行します。 フリーマガジンとして、 資生堂関連施設および全国の書店の合計39ヵ所(1月15日現在)にて配布。 また今号より、 『花椿』のアートディレクターを資生堂 クリエイティブ本部 丸橋桂が務めます。

■花椿 春号について
『花椿』春号は、 「Future」を特集テーマとしています。 “hello my future”と題し、 映画『ラ・ラ・ランド』などに出演した女優、 ソノヤ・ミズノさんやミュージシャンのメイリンさん(ゾンビーチャング)など、 次代を担うクリエイター達が考える未来を紹介。 また、 言葉、 アート、 食、 テクノロジーなど各界の7人に聞く未来や神経科学の視点からみた未来など、 さまざまな未来のヒントをお届けします。


―明日のこと、 1年後のこと、 なんとなく先のこと、 そして遠い未来のこと。 あなたは今、 どんな未来を想い描いていますか?今の延長線上にある先の世界について想いをめぐらせると、 今がもっと楽しくなったり、 何かが変わるきっかけになるかもしれません。 (本誌より抜粋)

花椿文庫 「七月のひと房」 第35回現代詩花椿賞受賞作、 井坂洋子氏の『七月のひと房』(栗売社分室)を花椿文庫特別版として収録します。

 

『花椿』春号 内容
■Hello, My Future -ソノヤ・ミズノ/テンジン・チェ・ミヤヒラ&フレンズ/メイリン/ハル
■神経科学がみちびく未来/脳科学を、 もっと深く/歩み寄る脳、 神経科学とアート
■Interview about the furure 7つの未来 -Eugene Kangawa/廣川玉枝/小倉ヒラク/最果タヒなど
■サロン・ド・花椿 -太賀/Chara
■INTERVIEW -中里唯馬
■POEM -鈴木一平
■BEAUTY -原田マハ
■FASHION -TOKYO STORY
■新連載 今日マチ子など

 

新アートディレクター
丸橋桂(まるばし・かつら) プロフィール

1972年群馬県生まれ。 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。 ’98年資生堂入社。 2008年JAGDA新人賞、 東京ADC賞、 ディスプレイ産業奨励賞、 ディスプレイデザイン優秀賞。 フジサンケイメディアミックス大賞優秀賞、 毎日デザイン賞優秀賞。

 

■ 『花椿』 春号
○刊行日:2018年1月15日
○無料
○刊行:資生堂 企業文化部
○仕様:A4変型、 本誌60P

Tokyo Now Author