武道館ワンマンライブ開催の鈴木愛理が『FLASH』表紙と巻頭10ページ登場!

『FLASH』1620号
©光文社/週刊FLASH

週刊誌『FLASH』1620号が10月5日(火)に光文社より発売されました。日本武道館ワンマンライブを開催する鈴木愛理が表紙&巻頭10ページ撮り下ろし!またトップコスプレイヤー火将ロシエルがミニカレンダーになる特別仕様グラビアを公開!SNSのフェチ天使・くりえみが6都道府県をまたにかけたロケグラビアと今週号も見逃せないラインナップになっています。

 

■『FLASH』の表紙と巻頭グラビア10Pに登場

『FLASH』1620号
©光文社/週刊FLASH 写真◎神藤剛

℃-uteのメンバーとして活動し、2017年にハロー!プロジェクトを卒業、2021年10月13日に日本武道館でワンマンライブを開催する鈴木愛理が『FLASH』の表紙と巻頭10Pに登場している。
「雑誌の撮影で『愛理ちゃん、大人っぽく!』と、よく言われるんですよ。あれ?私、27歳のいいオトナなんだけどな~と思うときが…(笑)」とコメント。
ソロアーティストとして活躍し、大舞台を控える彼女の自然な表情を切り撮った“休日デート”風のグラビアは必見だ。

 

■火将ロシエル 最新カレンダーブックの発売を前に、’21年10月~12月のミニカレンダーが完成!

『FLASH』1620号
©光文社/週刊FLASH 写真◎栗山秀作

“火ブラ”が話題の最新写真集『ignis』を発売したばかりのトップコスプレイヤー・火将ロシエル。今週発売のFLASHに、10月26日に発売される最新カレンダーブック『毎日ろしにゃん ~シエル・ロ・カショウ~』の未収録カットが掲載された。今回はページを切り離すと、’21年の10月~12月の3カ月分のミニカレンダーになる特別仕様だ。
「童心に帰って、いままでになく自然な表情が出た」という生まれ故郷の川越や、「森の中で撮影したので、蚊にたくさん刺されて大変だった」という沖縄のカットがたっぷり収録されている。

最新カレンダー『毎日ろしにゃん ~シエル・ロ・カショウ~』は光文社より10月26日に発売!10月23日(土)12時~ 東京・書泉グランデ(神保町)7階にて開催決定!

『FLASH』1620号
火将ロシエルカレンダーブック表紙『毎日ろしにゃん~シエル・ロ・カショウ~』
©光文社/週刊FLASH 写真◎栗山秀作

最新写真集『ignis』の発売記念イベントが、10月10日(日)14時~ 東京・ブックファースト新宿店 地下2階 Fゾーンイベントスペースにて開催決定!

『FLASH』1620号
火将ロシエル写真集『ignis』カバー+帯
©光文社/週刊FLASH 写真◎栗山秀作

 

■SNSのフェチ天使が、北へ南へ6都道府県をまたにかけたロケを敢行!

『FLASH』1620号
©光文社/週刊FLASH 写真◎福島裕二

「1年間、日本全国をくりえみが巡るというコンセプト」の2nd写真集『くりめぐり』を発売したくりえみ。北海道、東京、京都、大阪、鳥取、沖縄で撮影された意欲作だ。
「『とにかく北から南まで行ってやろう!』という気持ちで、最北端の北海道、最南端の沖縄、自分が住んでいる東京、景色が美しい京都と大阪、そして個人的に特に行きたかった鳥取を選びました。鳥取に行った時期が真夏だったので、猛暑を超えて”極暑”での撮影に…。すごくお気に入りの写真は撮れたのですが、完全に行く時期を間違えちゃいました(笑)」
と写真集の裏話を語った。

2nd写真集『くりめぐり』は、玄光社より発売中

 

■美人空手家、アクション俳優、現役看護師の三刀流長野じゅりあ ドッキドキの初ビキニ!

『FLASH』1620号
©光文社/週刊FLASH 写真◎唐木貴央

現在発売中の『FLASH』で美人空手家、アクション俳優、現役看護師の三刀流で活躍する長野じゅりあが初めてのグラビア撮影に挑み話題になっている。

トークバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』で得意の空手の形を披露し、今話題の彼女だが、初めて水着になるということもあり、最初はぎこちなく表情も硬かったが、徐々に和んでいき、初々しさと大人の色気とカッコよさがうまくミックスされたページとなっている。

長野じゅりあ コメント
「初めてのグラビア撮影、緊張しました!『踊る!さんま御殿!!』に出演させてもらったとき、(明石家)さんまさんの前でも全然緊張しなかったのに不思議ですよね。今回の撮影でも空手の形を披露させてもらいましたが、私が空手を始めたのは5歳のころ。かなりの人見知りだったので泣きながら通っていました。初めての試合で優勝してから火が付き、1日7時間練習する日々。小学5年生で世界大会で優勝したこともありますが、中学2年生のときに清水希容選手に4対1で負けたときは本当に悔しくて、試合が終わってからも練習していました。高校生のときに空手の試合結果が掲載されているホームページでアクション俳優を募集していて、自撮りの写真を撮り、オーディションを受けることに。600人くらいの応募者のなかで私が合格して谷村美月さんとW主演で俳優デビューしたんです。それから看護師の母に憧れ、看護師として働き始めたのですが、医療系のドラマを見ていて、『私ならリアルに演じられるのに』と思い、再度俳優活動を始めたんです。今は非常勤として働きながら世界で活躍できるような俳優を目指しています!」

 

■NMB48上西怜、ハタチの美BODYを撮りおろし

『FLASH』1620号
©光文社/週刊FLASH 写真◎田川雄一

NMB48のグラビアクイーン・上西怜が発売中の『FLASH』に登場。20歳になって大人っぽさを増した美BODYを披露している。
「今回は、濡れ髪に挑戦してみたり、いままででいちばん大人っぽい撮影でしたね」とコメント。
20歳になっても”ほっとけない魅力”を放つ彼女。「見つめれーちゃん」したいファン必見のグラビアとなっている。

 

<雑誌情報>

『FLASH』1620号
©光文社/週刊FLASH

『FLASH』1620号

発売:光文社
発売日:毎週火曜日
特別定価:490円(税込み/10月5日(火)発売号)
公式サイト「Smart FLASH」:https://smart-flash.jp/
会員制サイト「FLASH Prime」:https://flash-prime.jp/

Tokyo Now Author