2分で読めるチャット型小説アプリ「DMM TELLER」初のTVCMに橋本環奈を起用!ゾクッとする「ホラー」篇、ドキッとする「恋愛」篇を同時公開

DMMグループであるピックアップ株式会社は、同社の運営する日本発のチャット型小説アプリ「DMM TELLER(ディーエムエム テラー)」のTVCMに女優の橋本環奈さんを起用し、12月24日(日)より全国にて放送開始します。

 

橋本環奈_CM_ホラー編_30秒ver.

https://youtu.be/3NYLBQ7xOf0

橋本環奈_CM_恋愛編_30秒ver.

https://youtu.be/zLzCDK-YXlM

 

■2分で読めるチャット型小説アプリ「DMM TELLER」

DMM TELLERはたった2分で読める、新感覚チャット型小説アプリです。ユーザーはアプリ内のストーリーをタップをすることでセリフ(メッセージ)を読み進めていくことができます。現在は「ホラー」と「恋愛」コンテンツを中心に展開しており、運営がオススメするストーリーとユーザー自身が創作したストーリーを投稿できる一般投稿から様々なストーリーを楽しむことが可能です。

Apple Store URL:https://itunes.apple.com/jp/app/teller/id1238587832
Google Play URL:http://play.google.com/store/apps/details?id=jp.picappinc.teller

 

■初のTVCMに橋本環奈さんを起用!

今回公開となる初のTVCMでは、CMキャラクター橋本環奈さんを起用し、DMM TELLERのメインコンテンツである「ホラー」、「恋愛」をテーマに2つのCMを公開致します。橋本環奈さんの緊迫感が漂う表情に注目のゾクッとする「ホラー」篇と青春の甘酸っぱさを思い出す一喜一憂する可愛らしい橋本環奈さんにドキッとする「恋愛」篇、どちらの演技にもご注目ください。

 

■橋本環奈さんインタビュー

撮影を終えていかがでしたか?
今回、2パターンあって、部屋着を着て女子らしい部屋の中でDMM TELLERを読む「恋愛」篇と外で雨が降る中で撮影した「ホラー」篇があって、いかにも自分がメッセージをやり取りしていたようにみせて、最後に真顔になるオチがあるところが好きです。

DMM TELLERを使ってみた感想は?
今日撮影始まった朝にダウンロードしたのですが、今日ダウンロードしたのにもう何作も見てるんですよ!小説アプリっていうと1本読むのに時間がかかるかなと思いがちですけど、2分で読めるんですよ!しかもタップして読み進められるのでとても読みやすく私もハマっちゃいました。
小説と聞いて、普段ちょっと小説を敬遠がちな方にとっては重い印象を受けると思うんですけど、メールとかメッセージとかSNSと同じ感覚で楽しめるアプリなのでとても読み易くなっています。是非ダウンロードして読んでみて欲しいし、このような感覚で楽しめるアプリって今までなかったと思います。私は特にホラーにハマっていて、たぶん明日からも読むと思います!(笑)

撮影で出てくる部屋はご自身の部屋のイメージと違いましたか?
今日セットを朝見たときに「かわいらしいな」と思いました。(笑)私の部屋はシンプルで、物も少ないですし、殺風景とは違うんですが、濃いめのブラウンの家具が多いです。

もうすぐクリスマスですが予定はありますか?また、理想のクリスマスの過ごし方はありますか?
クリスマスまだ仕事をしていなかった時は、実家で家族皆でクリスマスを過ごすことが多かったです。家族と過ごすのは夜なので、帰って来るまでに友達とイルミネーションを見に行ったりしました。でも、クリスマスって人多いじゃないですか。年々、人混みが苦手になってきて・・・(笑)最近は、クリスマスもあまり外に出ず、家でゆっくりしたいと思うようになりました。(笑)

今年一年振り返っていかがでしたか?
今年一年、本当に濃かったなと思いますね。振り返ってみても、あの作品もまだ今年公開だったんだ!とか、自分が出演していても結構前のことのように感じるぐらい、一つ一つの仕事が凝縮していて、振り返れないぐらい多いなと思っていて、でもすごく充実した一年を過ごせたと思います。

来年の抱負
今年と来年がスムーズに繋がっている感覚で、今年のギュッと凝縮した勢いのまま、来年ももっともっと走っていきたいと思ってます。

 

■CMストーリー

「ホラー」篇では、雨が降る駐輪場で雨宿りをしながらスマートフォンを見つめる橋本環奈さん(以下、カンナ)に友人の「みか」からチャットが届きます。「今どこ?」、「さみしい」というメッセージに、「なにそれw」、「今どこいるの?」と冗談ぽく返信する「カンナ」。すると「みか」から、「幽霊トンネル」と返事が届きます。様子がおかしいことに気づいたカンナは、「ミカ、ひとり?」と問いかけますが、「みか」は「会いたい」、「早く」というチャットを数十件連続して送ってきます。最後には「来ないなら、私が行くよ」とチャットの後、空き缶が転がる音に驚き振り返るカンナ。すると「そっちじゃないよ」、「後ろだよ」とチャットが届き、襲われる!!と思ったその瞬間、カンナが振り向き「っていう小説です」と真顔でつぶやくゾクッとしつつもコミカルな内容となっています。

「恋愛」篇では、自分の部屋で部屋着でくつろぎながら、チャットをするカンナ。「コウスケ」に対して、「なに?相談って?」とメッセージを送ります。「コウスケ」から、「俺好きな人がいるんだ」と伝えられ、「終わったー。」とつぶやき横になるカンナ。平静を装いながら、「へー。どんな子?」っとメッセージを送ると、「そんなに可愛くないw」、「しかもガサツ」とチャットが届きます。カンナは「そんな子、どこが好きなの?」と送ると、「笑った顔」というメッセージと共にカンナの笑顔の画像が送られてきます。「えっ」と驚き起き上がるカンナに、「コウスケ」は、「お前が好きだ」、「俺じゃダメかな・・・?」とメッセージが届きます。「ダメっていうか~~(笑)」と照れているのかと思ったその瞬間、カンナは「これ小説だから」と真顔でつぶやき、告白にドキッとした視聴者を裏切る内容となっています。

 

橋本環奈_CM_メイキング_90秒

https://youtu.be/DE_EVw0GQVs

Tokyo Now Author