主演の鈴木仁、さなり、井之脇海、柳俊太郎によるドラマ『ギヴン』完成発表会を開催!

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて2021年7月17日(土)0時から配信予定のドラマ『ギヴン』の完成発表会が、7月4日(日)に行われました。

FODオリジナルドラマ『ギヴン』
(左から)柳俊太郎、鈴木仁、さなり、井之脇海
©キヅナツキ・新書館 /フジテレビジョン

『ギヴン』は、4人のロックバンド・the seasonsのメンバーたちを中心に、彼らの恋愛や成長していく姿を繊細に描くキヅナツキ原作のBL漫画で、新書館の「シェリプラス」にて2013年ハル号から連載されている超人気作です。この作品をFODで実写ドラマ『ギヴン』として制作、配信します。7月17日(土)からの配信スタートを控え、主演の鈴木仁、同じバンドメンバーを演じる、さなり、井之脇海、柳俊太郎のメインキャスト4名が完成発表会に出席しました。

最初に、司会の立本信吾から「この作品への出演が決まってどんな気持ちでしたか?」と聞かれ、主演で立夏役の鈴木仁は、「今回初めての単独主演ということで緊張もありましたし、喜びもありました。でもこのバンドがメインであることは変わりないので、まずは4人でひとつのグループを作っていきながら、この作品をよりよく盛り上げていけるように作っていければなと思いました。撮影中も楽しくて、皆でバンドの練習もして、良いものができたんじゃないかなと思っています」と話しました。

真冬役のさなりは「ドラマとか、俳優とか演じるのが初めて。何もわからなかったので大丈夫かな、と最初は不安が大きかったんですけど、現場の方々に支えてもらって楽しく撮影できたな、って思いました。全く素ではないですけど、真冬に共通している部分はあるので意識しながら演じました」。

秋彦役の井之脇海は、「友だちに男性が好きな男性がいて、2020年のステイホーム中に何を見たらいいかな?と話していたら『ギヴン見たらいいよ』と勧められて、原作もアニメも知っていたので今回お話をいただいて、すごく縁を感じて驚きました。まさか自分が秋彦役をやるとは驚きと不安を感じたのですが、このキャスト3人と一緒にやると聞いて、このメンバーとならいい青春感を出せるんじゃないかなと思いました」。

春樹役の柳俊太郎は、「あまり見てる人がキュンキュンするような役ってやったことがなくて、今回やっと来たなと思ったら相手が海くん、っていう(笑)。でも違う形ですけど出演できて嬉しかったです」と話しました。

原作やアニメのファンからTwitterで「#ギヴンのここが好き」を募集し、多数寄せられた回答を集計してランキング形式で発表、それを元にまだ公開されていないドラマ本編映像やメイキング映像を見ながらキャスト4人でクロストークを展開しました。
原作ファンが選ぶ「#ギヴンのここが好き」ランキングは下記の通り。

1位 音楽への熱意・真冬の歌声
2位 キャラクター
3位 リアルな恋愛模様
4位 すべて!!
5位 青春

3位の「リアルな恋愛模様」では、キュンとするシーンをちょい見せ。VTRは立夏と真冬のキュンとするシーンから、春樹の家に秋彦が泊まりに来るシーンへ。すると檀上の柳に異変が!つい声をあげてしまい、焦って水を飲み、「やっぱ慣れていないので皆に見られてるって思うとなかなか厳しいですね(笑)。でも海くん色っぽかったです。秋彦はモテる色っぽい役なので、その気質は海くんから出てたと思います」とコメント。また、真冬が立夏のシャツの袖をつまんで見つめるシーンを見て、鈴木は「袖をつままれるシーンは(さなりが)めちゃくちゃ可愛かったですね。子犬のようなキュンとした目で俺のことを見ていて。立夏の真冬に対しての気持ちがすごいわかったので、自分的にも良いシーンだなと思います」。

ファンからのコメントで「ライブ後の立夏と真冬のキスが好き」とあり、そのキスシーンについては残念ながら目下編集中のため、まだお見せすることができないのですが、撮影現場でさなりと吉田由紀役を演じている小野寺晃が「立ってキスするかしないか」談義をしており、4人にも「立ってキスするか?」を聞いてみると、鈴木は「立ってキスすることに疑問は持たないですね、そもそも立ってキスするしないをそんなに気にするんだと思いました」それに対し「むしろ座ってすることって少なくないですか?立ってするんじゃないですか?」と柳。

2位の「キャラクター」から、それぞれの役作りについての話に。VTRで撮影初日にいきなり腕立て伏せを始める井之脇の姿が映され、「衣装合わせの時にあと2キロ痩せますと言ったら、監督から、いや5キロ痩せて、と言われて・・・。でも体脂肪率は2%ぐらい落とせたので締まったかなと思います」とコメントしているVTRに対し、井之脇は「別のお仕事で体を大きくしていたので、なるべく秋彦のかっこよさを出せるようにしました」。

1位の「音楽への熱意・真冬の歌声」については、現場でのインタビューで柳が「さなりくんの歌声が楽しみ。発声練習みたいなのしてるだけで上手いもんね」とコメント。監督からも「プロが出ちゃうから、プロ出さなくていいから」と言われていたさなりは、「自分ではわからないですけど、それはそれで嬉しかったです(笑)。歌が最大の見どころということもわかっているので、不安とプレッシャーがありましたが、プロとしてやっているので、見せられるところは見せていかなきゃと思いつつ、頑張ろうと思って、しっかり歌いました」。

ライブシーンの撮影でさなりの歌声を聞いた柳は「歌声、素晴らしかったです。ライブシーンでマイク通して聴いた歌声は感動しました」、井之脇も「それまでは違う方の声で練習していたので、真冬としてのさなりさんの歌声を聞いて、一段ギアが上がったと言いますか、鳥肌が立ったのを覚えています」と絶賛していました。

そして、ギターはプロ級の腕前という役を演じる鈴木のVTRでは「今日渡されて明日までにやるんですよ」と無茶ぶりされている様子が流れ、音楽監修・楽器指導のRandeeさんも「めちゃめちゃ練習してくれたので、苦戦はしているんですけど、次会った時にはできているみたいな。一回教えたらやってきてくれる、結構負けず嫌いなところもあると思うので」と絶賛。鈴木は「立夏のギターのレベルは抜けていないといけないし、ただ弾くだけじゃなくて見え方も気にしていかないといけないので・・・。ギターはほぼ初心者だったので、基礎から教えてもらって、でも基礎だけずっとやっていても完成しないので、途中からはレベルを飛ばしてもらって、Randeeさんの手元の動画を見ながら、ほぼ指の体操をずっとしている感じでした」と当時の苦労を語りました。

一番練習の回数が多かったのは井之脇。「みんなは2~3回、僕だけ4~5回練習できた。最初はひとりで孤独な練習だったんですけど、1回仁くんと柳くんとはスタジオで練習することがあって、青春だなって。スタジオに行くと、仁くんが最初に入っていて僕が2番目に行ったら、受付の方が『バンドメンバー先に入られてますよ』と言われて、バンドだと思われていてめちゃめちゃ嬉しかったです」。

最後に主演の鈴木仁から視聴者へ「キャストスタッフ全員で良いものを作り上げようと、原作のファンの方に認めてもらえるよう今編集作業をしているところだと思います。とにかくいろんな人に届けられたらなと思いますし、音楽の力で繋がった4人の感覚的な繋がりだったり、会話ではなく違うものでの繋がりが大切になっている作品なので、そういうところも味わいながら、日常生活に置き換えて楽しんでもらえたらなと思います。一生懸命バンドやってます、お楽しみに」とメッセージを送り、完成発表会を締めくくりました。

いよいよドラマ『ギヴン』は7月17日(土)0時より配信スタートです。どうぞご期待ください。

 

―STORY―
プロ顔負けのギターの腕前を持つ高校生の上ノ山立夏(鈴木仁)は、大学生の梶秋彦(井之脇海)と大学院生の中山春樹(柳俊太郎)の3人でインストバンドを組んでいる。以前はあんなに音楽にのめりこんでいたのに、何もかもがくすんで見え始めていたある日、立夏が校内で誰にも邪魔されないいつもの場所へ向かうと、壊れたギターを抱えた佐藤真冬(さなり)に出会う。仕方なく弦を直してやると、真冬からギターの弾き方を教えてほしいと頼まれる。はじめは渋っていた立夏だが、真冬の透き通るような歌声を聞いて衝撃を受け、バンドに入らないか?と誘うが、真冬から断られてしまう。いつしか立夏は、真冬の存在が気になり始め・・・

 

FODオリジナルドラマ『ギヴン』

[配信]
2021年7月17日(土)0時配信 (全6話)

[原作]
キヅナツキ『ギヴン』(新書館「シェリプラス」連載中)

[出演]
鈴木仁、さなり、井之脇海、柳俊太郎、八木アリサ、奥野壮、小野寺晃良、稲葉友 ほか

[主題歌]
Panorama Panama Town「Strange Days」(A-Sketch)

[演出・脚本]
三木康一郎

[プロデュース]
鹿内植

[プロデューサー]
村山えりか(C&Iエンタテインメント)

[制作協力]
C&Iエンタテインメント

[制作著作]
フジテレビジョン

[URL]
公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/drama-given/
配信ページ:https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4v27/

©キヅナツキ・新書館 /フジテレビジョン

Tokyo Now Author