マックスマーラ 2021年秋冬コレクションを発表!

マックスマーラは2月25日10:00am (イタリア時間)、イタリア ミラノにて2021年秋冬コレクションを発表しました。

ファンファーレ、ドラムロール、敬礼。パレード、歓喜、戴冠式。祝福ムードに包まれ、旗が連なる街路を意気揚々と誇らかに進んでいくマックスマーラ ウーマンは、自身の力でクイーンになりました。
1951年から長い道のりを歩んできたマックスマーラ ウーマン。アキーレ・マラモッティがマックスマーラの創業時に目を向けたのは、「地元の公証人や医師の妻」でした。その選択は正しかったのです。こうした志の高い女性たちは、自ら仕事に就くようになり、地位を向上させていきました。マックスマーラは、そうした女性たちと共に歩んできたのです。

イタリアのアクセントを効かせたブリティッシュスタイル――正統派でありながら、時にはエキセントリッに。このマックスマーラの創業当初から続くテーマが、アニバーサリー コレクションの背景にあります。マックスマーラの若きクイーンは、風が吹きすさび、ヒースが生い茂る原野の香りを街に漂わせます。それは、人生が投げかけるものを冷静かつ有能に、さりげない魅力を放ちながら解決していくような女性。愛犬たちを伴い、荒野の風景の中を馬で駆け抜けていく姿を想像してみてください。トラックの運転席に乗り、自らエンジンを修理する姿、そしてヘリコプターを自由自在に操縦する姿を想像してみてください。

エッセンシャルなアイテムとしてフィーチャーされるのは、何にでも重ねやすいようにデザインされた新作のボリューミーなボンバー、そして複数のポケットをあしらった非常にソフトなアルパカ製の「ソーンプルーフ」ジャケットです。マックスマーラのトレードマークであるキャメルヘアーがダイヤモンドキルトジャケットにあしらわれ、そのパディングにもキャメルヘアーが使用されています。それにコーディネートするのは、腰にゆったりと巻いたキルト、厚手のソックス、そして頑丈なウォーキングシューズ。こうしたアーバン×カントリーのミックスを完成させるのは、タッターソールチェックの完璧なテーラードスーツ、シックでグラフィカルなタータンチェック、オーバーサイズのアランニット、ベルベットのエルボーパッチ、そしてオーガンザの軽やかなジャボ(胸ひだ飾り)です。

もちろん、マックスマーラのコートは、王冠の宝石のごとく存在感を放ちます。思わず抱きしめたくなるような、しなやかなロングキャメルヘアーのテディコートは、ボリュームやプロポーション、バランス、構造、仕上げのハーモニーがパーフェクトです。

こうして70年間をかけてトップに上り詰めるのは、スリリングかつ爽快な叙事詩のようなものでしょうか。そのすべてが当てはまるのは確かですが、マックスマーラが最初の10年で制作依頼した驚くべき広告のグラフィックが、1文字で表現しています。それは、シンプルな「!」マークです。

@maxmara
#MaxMara #MaxMaraFW21 #MaxMara1951 #mfw

Tokyo Now Author