スポーツマックス 2021年プレフォールコレクションを発表

マックスマーラは1月21日(現地時間)、スポーツマックス 2021年プレフォールコレクションを発表しました。

スポーツマックス 2021年プレフォールコレクションは、1920年から2020年代の現代まで、ニューヨーク、パリ、ベルリン、上海という4つの国際都市をめぐる時間旅行に私たちを誘います。再生と高揚を体現した時代へのオマージュとして、今なお共鳴を呼ぶ「狂騒の20年代」の芸術的・文化的影響のすべての要素を取り入れています。

開放的で享楽的な当時の女性「フラッパー」から放たれる官能にインスピレーションを受けて、現代的に再解釈したものですグラマラスでエキゾチックなジョセフィン・ベーカー、ユニセックスな魅力のクロード・カーアン、クリエイティブなソニア・ドローネーなど、時代のアイコンへのオマージュともいえる、華やかでカジュアルなコレクションです。

主役を演じるのはコート。マスキュリンなテイストの生地からゴールドのボタンをあしらったダブルのジャケット、ボリューム感のあるフェイクファーまで、時代の「ソウル」とも言えるアイテムを前面に押し出しています。

今回のコレクションに欠かせない素材と言えばベルベット。身体を包み込むドレス、ニットウェア、マキシサイズのシャツ、やわらかなプロポーションのしなやかなパンツなど、様々なスタイルで表現しました。

しなやかなハリ感で身体のラインを彩るレザーもピリッとしたアクセントをつけています。ロンゲットドレスのバックにあしらったシースルーの細いストラップが背中をセクシーに魅せ、アールデコ調のパターンが反映されています。

マスタードからレッド、グリーンからブルー、パープルからイエロー、バーガンディまで、ソリッドでハッキリとしたカラーレンジをそろえました。

またコレクションにアクセントを付けるのはアニマルプリント。ジャケット、ブーツ、プラットフォームサンダル、フィット感のあるトップスやベストに散りばめています。

Tokyo Now Author