大人気歌舞伎シリーズの最新作・図夢歌舞伎「弥次喜多」Amazon Prime Video独占レンタル配信スタート

Amazonは、松本幸四郎氏と市川猿之助氏の二人がお騒がせコンビ“弥次喜多”を演じる大人気歌舞伎シリーズの最新作・図夢歌舞伎「弥次喜多」(ずぅむかぶき やじきた)を、Amazon Prime Videoにて2020年12月26日(土)より独占レンタル配信します。

© 松竹

主人公・弥次郎兵衛(やじろべえ)と喜多八(きたはち)、通称“弥次喜多”の珍道中を描いた『東海道中膝栗毛(とうかいどうちゅうひざくりげ)』は、江戸時代に書かれた大ベストセラーです。これまで芝居、漫画、映画など、様々なジャンルで取り上げられ、時代を超えて愛されてきました。

2016年8月、歌舞伎座で誕生した、幸四郎氏と猿之助氏による同作を原作とした新たな“弥次喜多”コンビに歌舞伎座は連日満員の大評判となり、以来、毎年新作を発表してはチケットが即完売する歌舞伎座の夏の風物詩として大賑わいをみせてきました。今年は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、歌舞伎座での上演の代わりに、“弥次喜多”コンビが歌舞伎座を飛び出し、新たな旅に出ました。本作は「弥次喜多」シリーズ初のSFとなっています。

本作には、猿之助氏との“いとこ競演”が話題の市川中車(香川照之)氏が参戦するほか、“弥次喜多”シリーズ常連、松本幸四郎氏の長男・市川染五郎氏、市川中車氏の長男・市川團子氏も2016年から連続出演します。

松本幸四郎 コメント
全世界に共通する物語の歌舞伎というのは初めてではないでしょうか。ルールも不可能もない、「配信」と「歌舞伎」の無限の可能性を詰め込んだ作品になっています。根拠はありませんが、歌舞伎の配信は今後100年続いていくと信じています!好きな時に、好きな場所で「弥次喜多」をお楽しみください。

市川猿之助 コメント
10年前は絵空事だった物語が、私たちの日常とシンクロしている今だからこそ、この作品を歌舞伎にして届けようと思いました。この時代を生きるひとり、ひとりに深く響く作品だと思いますので、これまでの「弥次喜多」を知らない方も、新作映画を観るような気持ちでぜひ、ご覧ください!

 

■シネマ歌舞伎「スーパー歌舞伎II ワンピース」やシネマ歌舞伎「女殺油地獄」他 合計12作品を順次配信

Prime Videoでは、図夢歌舞伎「弥次喜多」のほか、尾田栄一郎氏の大ヒットマンガ『ONE PIECE』を題材にしたシネマ歌舞伎「スーパー歌舞伎II ワンピース」や、江戸時代に実際に起きた事件をもとに近松門左衛門が若者の 孤独と狂気を描いた、シネマ歌舞伎「女殺油地獄」(おんなごろしあぶらのじごく)など合計11作品を、12月26日 (土)以降順次レンタル配信してまいります。

《Amazon Prime Video歌舞伎作品配信スケジュール》
※配信ラインナップ・スケジュールは予告なく変更になる場合がございます

2020年12月26日(土)配信
・図夢歌舞伎「弥次喜多」レンタル価格 1,900円(税込)
・シネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛」レンタル価格 1,900円(税込)
・シネマ歌舞伎「東海道中膝栗毛 歌舞伎座捕物帖」レンタル価格 1,900円(税込)
・シネマ歌舞伎「女殺油地獄」レンタル価格 1,900円(税込)
・図夢歌舞伎「忠臣蔵」第一回「大序から三段目」レンタル価格 600円(税込)
・図夢歌舞伎「忠臣蔵」第二回「四段目」レンタル価格 600円(税込)
・図夢歌舞伎「忠臣蔵」第三回「五段目・六段目」レンタル価格 600円(税込)
・図夢歌舞伎「忠臣蔵」第四回「七段目」レンタル価格 600円(税込)
・図夢歌舞伎「忠臣蔵」第五回「九段目・十一段目」レンタル価格 600円(税込)
・歌舞伎座ギャラリー特別映像「歌舞伎座の秘密 ~忍入舞台裏染色~」レンタル価格 300円(税込)
・歌舞伎座ギャラリー特別映像「宙乗りができるまで~新臺猿初翔~」レンタル価格 300円(税込)

2021年1月4日(月)配信
・シネマ歌舞伎「スーパー歌舞伎II ワンピース」レンタル価格 1,900円(税込)

また、本作の配信を記念し、全国のファミリーマートにて12月29日(火)より、図夢歌舞伎「弥次喜多」オリジナルAmazonギフト券バリアブルカード(1,500円~50,000円)を発売します。同日より、店内放送にも松本幸四郎氏と市川猿之助氏が登場します。さらに、Amazonギフト券10,000円分が抽選で100名様に当たるSNSキャンペーンも12/29~1/25に実施します。詳細はキャンペーンサイト( https://www.family.co.jp/amp )にてご確認ください。

・数量限定のため無くなり次第販売終了となります
・一部取り扱いのない店舗がございます

 

図夢歌舞伎「弥次喜多」

Amazon Prime Videoにて12月26日(土)から独占配信中

[配信開始日時]
2020年12月26日(土)

[視聴ページ]

[レンタル価格]
1,900円(税込)
※Prime Video作品ページの“レンタル”のタブをクリックすると、作品をレンタルすることができます。レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

[監督・脚本・演出]
市川猿之助

[原作]
前川知大「狭き門より入れ」

[構成]
杉原邦生

[脚本]
戸部和久

[監督]
藤森圭太郎

[製作]
松竹

[出演]
松本幸四郎 市川猿之助 市川中車 市川染五郎 市川團子
市川猿弥 市川笑三郎 市川寿猿 市川弘太郎(声の出演)

 

図夢歌舞伎「弥次喜多」について
原作は演劇界を震撼させる鬼才・前川知大氏による『狭き門より入れ』
Amazon Prime Video独占で初披露される最新作の製作に際し、脚本・演出に加え、今回は初監督もつとめた市川猿之助氏が選んだ題材は、前川知大氏作『狭き門より入れ』――2009年にPARCO劇場で上演され評判を博したレパートリー作品です。演劇賞の常連で、今や日本を代表する劇作家・演出家である前川知大氏の才能に早くから惚れ込み、当時亀治郎を名乗っていた猿之助氏が初めて現代劇に出演した記念碑的な作品でもあります。『狭き門より入れ』は、とある街のコンビニエンスストアを舞台に描かれる“SF劇”。ありふれた日常を舞台にしながらも疫病の流行や世界の「更新」を核にして、終末論へと展開していく先駆的でいて普遍的な物語です。今回、猿之助氏は“まさに現代に通ずる作品”としてこの戯曲を原作に選びました。常に時代の関心事を取り入れ、「時代を映す鏡」として400年以上続いてきた歌舞伎のDNAを受け継ぎ、世界的なコロナ禍の今だからこそ意義のある新作歌舞伎に挑みました。

© 松竹

Tokyo Now Author